ヤーコンのレシピはなかなか出回っていないですね。でもヤーコンの持つ効果を考えるときっと食べたくなります。

ヤーコンの食べ方は農家のレシピを参考に!
ヤーコンの食べ方は農家のレシピを参考に!

あまり知られていない魅力の野菜、ヤーコンのサラダのレシピ

初めてヤーコンという言葉を聞いたときは「ん?レンコン?」と聞き返したことがあります。それほどあまり知られていない、市場にもなかなか出回らない希少なお野菜ですね。ゆえにどう調理すればいいのかわからないという人も多いでしょう。ヤーコンはいも科の野菜ということもあって、加熱すると芋、特にぬめりのない山芋のような触感になります。「シャキシャキ」という音があてはまるでしょうか?初めて食べたのは自然食料理のカフェ。初め食べたときは「山芋?甘くないリンゴ?」とわからなかったのでお店の人に聞いてそれ以来とりこになってしまいました。サラダのレシピをご紹介します。まずヤーコンをサイコロ状に切り、ゆでておきます。同じサイコロ状にリンゴを切り、ピーナッツを叩いて触感が残る程度に砕きます。玉ねぎをスライスし、辛みを抜くため水につけておきます。あとはヤーコン、リンゴ、ピーナッツとレーズン、そこに砕いたピーナッツと水をよく絞ったスライスをオニオンをボールに入れます。あとはマヨネーズ、塩コショウ(マヨネーズを多く入れてカロリーを取りたくない人はリンゴ酢を入れてもよい)で混ぜると触感の楽しい形もかわいいサラダの出来上がりです。日本ではまだまだ食用としても歴史が浅いので、あまり知られていませんが、名前からも察しがつくように繊維質なので整腸作用があり女性にはうれしいお野菜です。また血糖値を下げる効果も期待できるとも聞いたことがあります。

スチームで蒸すとかディップして野菜を食べるとか、野菜本来の味を楽しもうという自然食ブームの時代ですから、ヤーコンの今後の活躍に期待できますね。ぜひあなたが今度スーパーでヤーコンに出会ったときは慣れない野菜は億劫だと考えず一度試してみてくださいね。

食品・飲料でも話題のワード、調べるならココがイチオシです