ヤーコンの漬物、掻き揚げは私の大好きな食べ方です。レシピは普段の調理方にアク抜きが加わる程度です。

ヤーコンの食べ方は農家のレシピを参考に!
ヤーコンの食べ方は農家のレシピを参考に!

簡単レシピでもおいしいヤーコン

ヤーコンは大好きです。歯ざわりが良いですアクが強いことでも知られていると思います。掘ったばかりのヤーコンを頂いてもすぐには食べません。特に生で食べたい場合はそのまま1週間くらい置いておきます。置いておくと甘みが出てきますので、それが苦手な人は掘りたてをアク抜きして食べると良いと思います。甘さはそんなに強いわけではないので私は1週間くらい置いています。ヤーコンで作った漬物はどのようにつけてもおいしいと思います。私は糠漬けがすきですが、味噌漬けも美味しかったです。冷蔵庫にタッパーで糠床を作っているのですぐ出来ます。厚めに皮を向いたヤーコンを水にさらしてアクを取ります。水気を聞いて糠床にいれて2日後くらいに食べると一番美味しいと思います。

普段揚げ物をあまりしない私ですが、ヤーコンが手に入ると必ず掻き揚げを作ります。レシピは普通と変わりませんがアク抜きはしっかりした方が良いです。アク抜きをしたら普通の掻き揚げの手順で揚げていきます。生姜を入れるとまたとても美味しいですし、私は豆類と一緒に揚げることも多いです。ごま油で揚げると箸が止りません。すごくお勧めです。遠くにあるアウトレットに遊びに行く途中寄ったそばやでヤーコンの天ぷらや掻き揚げがのったメニューがありました。早速注文しましたがそばにも合います。一緒に行った人が掻き揚げ丼を頼みましたが甘いたれとも良く合うようでした。その店では粉末のヤーコンが入ったクッキーが売っていたのでお土産に買いました。あまり味はしませんでしたがほのかに甘かったので素材の味を生かしているのだと思いました。

食品・飲料でも話題のワード、調べるならココがイチオシです