健康食材として新しく注目されるヤーコンに含まれる成分とレシピの参考になる提案を書きました。

ヤーコンの食べ方は農家のレシピを参考に!
ヤーコンの食べ方は農家のレシピを参考に!

ヤーコンの簡単レシピ

ヤーコンはアンデス地方原産のキク科の植物です。ヤーコンと聞いてどんな味がするか、または実際に食べたことがある方はどんな味だったでしょうか。ヤーコンはジャガイモやさつまいもに似た形状で球根部部が食用になります。オリゴ糖と食物繊維、ポリフェノールが豊富に含まれていてカロリーは他の芋類に比べて少なく、生で食べることができます。生で食べるとシャキシャキとして甘みがあり野菜というより果実に近いです。甘さはオリゴ糖由来のもので腸の働きを助け腸内環境を整えてくれますし、同じく豊富に含まれる食物繊維がさらなる助けになることは想像できますね。そんなヤーコンは機能性食品として加工されて販売されていますが、もちろん食材として利用することも可能です。もし、手に入れる機会がありましたら調理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。生食できることからサラダやデザートとして楽しむこともできますし、火を通すレシピならは天ぷらなどでサッと熱を通すものがオススメです。

ヤーコンは加熱すると山芋のような食感に変化します。人参と、ゴボウの代わりにサッと炒めてキンピラにすると美味しくいただけます。アクが強いので酢水につけてアク抜きするのが上手に調理するポイントです。低カロリーでヘルシーなヤーコンはダイエット中でも安心して食べられ、便秘などで悩んでいる女性にも嬉しい野菜です。まだ食べたことがない人は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

食品・飲料でも話題のワード、調べるならココがイチオシです