最近スーパーでもみられるようになったヤーコン芋を使った、ご飯がとてもすすむレシピの紹介です。

ヤーコンの食べ方は農家のレシピを参考に!
ヤーコンの食べ方は農家のレシピを参考に!

シャキシャキ、ヤーコン芋のレシピ

ヤーコンって知っていますか?お芋の一種なんですが、生で食べると梨のようにしゃきしゃきしていて甘いお芋なんです。フルーツと一緒にヨーグルとであえたり、砂糖漬けにしたりしてもおいしいですが、ご飯のおかずにもいいんですよ。レシピによってはご飯が何杯でもいけちゃうおいしいおかずに変身します。そんなヤーコン芋のレシピを紹介します。

ひとつめは「ヤーコン餅」です。大根餅やじゃが芋餅の要領で作ります。私は100gの薄力粉と片栗粉にすりおろしたヤーコンを加え、お水で硬さを調整して焼きます。食感を楽しみたい人は細切りにしたヤーコンを半量加えるとシャキシャキ感を楽しめます。シャキシャキ好きな人は全部すりおろさずに細切りにするのもありです。ヤーコン芋でつくると甘さが強いのでしょうゆにつけて食べると、砂糖醤油で食べるお餅のようになります。シーチキンやソーセージを入れるとお子様のおやつにもなるんです。さらに、ネギやひじきをいれて揚げたものをポン酢で食べるとおつまみにもなります。一度食べるとやみつきになるおいしさです。

次に、ユッケに細切りにしたヤーコンを加えて食べるレシピです。たまに焼肉屋さんにいくと、ユッケに梨やりんごの細切りがそえられていますよね。あれをヤーコンに変えて食べるとベストマッチします。梨やりんごでは出せないヤーコンのおいしさがわかります。お肉だけではなく、ねぎとろやあじ、クジラ肉のユッケでも大丈夫です。できるだけ濃いめの味付けをして、塩辛くしておくとヤーコンの甘さが感じられていいです。どうぞヤーコンのシャキシャキ感を楽しんでくださいね。

食品・飲料でも話題のワード、調べるならココがイチオシです