ヤーコンが持つ栄養素を効率よく摂取するためのヤーコンジュースのレシピを紹介。簡単に作れて栄養価が高い。

ヤーコンの食べ方は農家のレシピを参考に!
ヤーコンの食べ方は農家のレシピを参考に!

ヤーコンジュースのレシピを紹介

アンデス原産のヤーコン。最近は日本でも簡単に手に入るようになってきましたね。形や見た目はサツマイモ似ていますが、食感がぜんぜん違います。イモの食感はホクホクとシャキシャキに分かれますが、ヤーコンは後者。シャキシャキとした食感のおいしいイモです。そしてこのヤーコン、栄養価が高いことでも知られています。特に活性酸素を除去する成分が豊富なので、調理する際はこの成分を生かしたいところです。

イモ類はヤーコンに限らず、調理時に皮を剥いて用いることが多いと思います。しかし、栄養価を一番豊富に持っているのは、実は皮なんです。だからこそ剥かずに食べれるのであれば剥かない方いいわけです。ヤーコンのこんなレシピが紹介されていました。それは「ヤーコンのジュース」です。作り方はいたってシンプル。たわしで皮のよごれをよく流しおとしたヤーコンをジューサーに入れます。それをジュース状にしたら適量レモン汁を合わせるだけ。実際に私も試してみましたがあんがい美味しく飲める味でした。この調理法であればヤーコンの栄養素をまったく損なわずに摂取できます。火を通すとビタミン類などが損なわれますので、このように生で摂取することは健康のためにもっともおすすめです。ハチミツや他の果実で甘みをつけるとさらに栄養価も高まり、また美味しくもなります。

活性酸素は悪玉コレステロールの原因にもなりますので、ヤーコンジュースで健康になりましょう。

食品・飲料でも話題のワード、調べるならココがイチオシです